ドーパミンを増やす食べ物と食事|運動や音楽やアロマや薬を紹介

やる気を引き出すドーパミンを増やす食べ物と食事

やる気を引き出す脳内分泌液として有名な「ドーパミン」ですが、ドーパミンを増やす物質として「チロシン」というものがあります。

つまりチロシンを摂取すると、ドーパミンの分泌を増やす事ができるのです。

では、ドーパミンの分泌を増やするチロシンが含まれる食べ物・食事の方法を考えてみます。

チロシンを含む食べ物

チロシンは、乳製品なら「牛乳・ヨーグルト・チーズ」魚類なら「まぐろ」野菜なら「枝豆・たけのこ・グリーンピース・ほうれんそう」。

湯葉、あずき。

豚肉・鶏肉などに多く含まれています。

効果的な食事の方法

それらの食べ物を単純に摂取するだけでは、十分な摂取は出来ません。

ちょっとした工夫が必要です。

それは、チロシンが多く含まれた食事を「大好物」として「おいしく食べる」という事です。

つまりいやいや食べるのではなく、家族とワイワイ言いながら美味しく調理しておいしく食べることにより、ドーパミンを増やす事ができます。

食事だけではなく、運動も大事

更に運動も大事です。

コツは疲れないような時間を設定し、一日30分程度毎日運動する事。

又、効果的な行動としては「新しい経験をする」という事があげられるので、ウォーキングで新しいルートを発見するという方法はいかがでしょうか。

一石二鳥ですので、一度試してみてください。

ドーパミンを増やす方法としての運動

ここぞと言うとき、やる気が出ないことがあります。

やる気はどうしたらでてくるのでしょうか。

やる気、集中力、仕事の生産性には、脳内物質が影響しています。

脳内の細胞同士は化学物質を伝達手段として有機的に結合しています。

この化学物質の一つがドーパミンです。

やる気、集中力、達成感、競争心など、あらゆる場面で有効な働きをします。

欲求が満たされたときの快感にも関係しています。

ですから、この化学物質が少ないと、やる気が起きない、場合によっては抑うつ状態になってしまうことすらあります。

ドーパミンの欠乏は、アルコール、ギャンブル、薬物などで欠乏していない錯覚が起き、これらの依存症になります。

アルコールや薬物に頼っていると、さらに欠乏し、薬物などの量を増やし危険です。

では、アルコールや薬物などを使用せず、健全にドーパミンを増やす方法はないでしょうか。

まず、食べ物です。

特に果物や豆類はドーパミンを増やすと言われます。

運動で増やす方法があります。

運動すると脳細胞に栄養が運ばれやすくなり、脳内に、いわゆる幸せホルモンが増えます。

運動と言う方法は脳を活性化し、ドーパミンを受け入れる容量が増えることがわかっています。

激しい運動は不要です。

散歩などでも十分だと言われています。

ドーパミンを増やす音楽やアロマ

ドーパミンを増やす音楽やアロマにはいくつか種類があります。

そもそもドーパミンとは神経伝達物質の1種で、これが分泌されることで人間は快感や興奮を覚え、やる気になると言われています。

アクティブにいろいろなことに取り組むためには欠かせないものと言えるでしょう。

そんなドーパミンを増やすためにおすすめの音楽はというと、これはジャンルなどにこだわるよりもとにかくその人が好きな音楽を聴くというのが効果的と言われています。

興奮するようなものがいいと思ってロックなどを聴いても、それが好きでなければ意味がないのです。

ですから、自分が心から楽しめるものを聴くようにするのがいいでしょう。

また、アロマにもドーパミンを増やすのに効果的なものがあります。

アロマなどの精油に含まれるゲラニオールという芳香分子がドーパミンの分泌を促すと考えられており、これを含むものとしてはローズやゼラニウムが一般的です。

女性でしたらローズの香りはさまざまなアイテムで使いやすいでしょう。

男性でローズは使いづらいという方にはゼラニウムがおすすめです。

ただし、香りが強ければそれだけ効果があるというわけではありません。

強すぎる香りは逆効果にもなりかねませんから、気持ちいいと感じる程度に活用してみましょう。

ドーパミン不足の弊害と分泌量を増やす薬

ドーパミンは、交感神経節後線維や副腎髄質に含まれるノルエピネフリンやエピネフリンなどの生体内アミンカテコラミンと呼ばれる神経伝達物質物質の1つとされ、加齢と共に分泌量が減少します。

この神経伝達物質は、アドレナリンやノルアドレナリンの前駆体でもあり、ホルモン分泌量や運動機能、喜悦の感情機能などの調節を担っているとされています。

この神経伝達物質が不足すると、仕事や学習などあらゆる物事に対するモチベーションや集中力、注意力が著しく低下し無気力となります。

また、人とのコミュニケーションを避けたり、人間社会から離れて行く皮質下痴呆を引き起こしてしまうケースも多くあります。

その為、普段の食生活からドーパミンを増やす為にフェニルアラニンやチロシンなどのアミノ酸を多く含む食品を摂取する事でこの神経伝達物質の分泌量を増加させる事が出来ます。

さらに、ドーパミンの分泌量を増やす作動薬が処方されるケースも多くあります。

作動薬には、カベルゴリンやメシル酸ペルゴリド、メシル酸ブロモクリプチン、塩酸タリペキソール、プラミペキソール、ロビニロール、テルグリド、塩酸アポモルヒネなどがあります。

また、作動薬と異なる作用機序で分泌量を増やす薬剤としては補充療法を目的とするL-DOPAや放出を促進する塩酸アマンタジンなどもあります。

参考になるサイト

やる気を出すために必要なのがドーパミンですね。

でも、どのような人がドーパミンを飲んでいるのでしょうか?

実は、無気力な人、やる気の出ない人というのは、意外に多いものなんです。

その代表的なものとして、借金苦などでふさぎこんでしまって、何もやる気がしないという人たちがいます。

でも、そのようなときにこそ、倹約生活にのめり込むような生活に変化させ、節約生活を送ることに「やる気」を向ければ、生活は楽になります。

あなたもそのような状態なのであれば、このようなサイトが役に立つと思います。

倹約生活をするための方法